*自由日記*

アクセスカウンタ

zoom RSS 昭和

<<   作成日時 : 2017/02/26 05:37   >>

トラックバック 0 / コメント 6

いつも拝見しているニックネーム「テンプル」さんが
書いている「思い・・・@テンプル  」というブログ。
http://54804557.at.webry.info/

最新記事の「感動の週末」の三部作で紹介されていた
「河口湖ミューズ館 与 勇輝館」が見ていてとても
面白そうなので、ネットでHPを覗いてみました。

先ず場所を知りたかったのですが、HPには作品紹介
コーナーが有り昭和の香りがして、何とも懐かしい。

その作品の中に、「お早う−押し売り」なるちょっと
物騒な題名の作品がありました。

そうそう、昔は訳の分からない商売があったな〜と。

ふと、自分が小さい頃あった商売なのに、今は消えて
しまったものってなんだろうと思い起こしてみると。

5才まで横浜の中区の根岸という下町に住んでました。
そして厚木・相模原その後、又横浜(西区)で伊勢原。

実際に見たことのある商売は、ほとんどが横浜の
二カ所にいた時の事です。

紙芝居・豆腐売り(笛といおうかラッパみたいなのを吹いて)
バナナのたたき売り・包丁研ぎ・ちんどん屋・
アイスキャンディー売り・クズ屋

このクズ屋は、自分が見たのはリヤカーに金属だけ
入れて、道などに落ちている物を拾ってました。

押し売りはドラマでは見た事はありますが、
幸いにも実際に遭遇した事が有りません。

あと、怪しいおもちゃを売っている露天。
縁日とかではなく、普通に道路の隅で物を売ってました。

自分が買ったのは「樟脳(しょうのう)」だったと思いますが
船尾にセットして水に浮かべると進むブリキの小さな船。

高かったので母親にウソついて、お小遣いを貰って買ったのに
樟脳が2〜3個で直ぐに遊べなくなってしまう物でした。

調べてみると、もっと昔にはユニークな商売があったようです。

もう少し、暖かくなったら「河口湖ミューズ館 与 勇輝館」
でも行って、作品を見てみたいと思ってます。

昭和のあの頃の時代を懐かしむのも良いかなと。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
いいよねぇ・・・
懐かしいよねぇ…
 
 ああ 昭和は遠くなりにけり

もうすぐ 元号変わりそうだし・・・
└|∵|┐高忠┌|∵|┘
2017/02/27 09:29
└|∵|┐高忠┌|∵|┘ さん、おはようございます。
「昭和」って、良いですよね。
それに比べて、「平成」ってバブッたし、良い時代だったと懐かしむ人はいないのではないかと思います。
好景気よ、もう一度!
keitaro
2017/02/27 09:52
夏になると金魚売りや風鈴売りなんかも回ってきましたねぇ。小学校の門の前には良く「ひよこ売り」が来ていたし。
騒々しい時代だったような… でも楽しい時代でした。
それでも昭和で一番良く覚えているのは大きな駅前で物乞いをする傷痍軍人さん。あの姿はいまだに忘れられないです。
うずら
2017/02/28 15:43
うずら さん、こんばんは。
金魚売り・風鈴売りは、見たことがありませんが、ひよこ売りは、縁日で必ず登場してました。
ピンクやら緑やらに染められたヒヨコは、すぐ死んでしまうのにいつも買ってました。
傷痍軍人も、昔の横浜駅には沢山いました。
のどかな時代の懐かしい光景です。
keitaro
2017/02/28 19:16
こんにちは。
マイブログをご紹介くださってありがとうございます
昔、祖父母から「明治は遠くなりにけり」という言葉を聞いた記憶がありますが、今は「昭和は遠くなりにけり」と、しみじみ思うことが多いです。
その時代を生きてきたから思いが強いのかもしれませんが「昭和」って本当に良い時代だったと思います。
良くも悪くも激動の時代だったような。

暖かくなったら「与勇輝館」に行かれますか。
私も、うららかな陽だまりの中で、もう一度のんびりと、あの景色を眺めてみたいです。
テンプル
2017/03/08 15:21
テンプル さん、こんばんは。
「昭和」に生まれたからでは無く、激動だったけど何処かノンビリとしてそして煌びやかな時代が、良いと思うのでしょうね。
青春してましたから。(笑)

keitaro
2017/03/08 18:55
昭和 *自由日記*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる