診断

会社で年2回行われる健康診断がありました。
同時に、年1回のストレス・チェックも提出です。

自分が社会人になった頃は、そこそこの規模の
会社でしたが、健康診断はこのように実施して
いなかったと思います。

40代後半でしょうか、会社から健康診断を受け
るように言われて、社会人になって始めて行き
ました。

その後は、会社の規模にかかわらず、また、正
社員、派遣、パートさんにかかわらず、受ける事
となりました。

40代後半から、不摂生が祟り中年太りが加速
していきました。

なんとかしないとと、真剣に思っていたところ、
環境が変わり、痩せる事が出来ました。

そこで、肥満自体は改善されましたが、高血圧は
「要経過観察」から「要二次検査」となり「要治療」
そして現在も「要治療継続」となってます。

50代以前の毎日の血圧は分かりませんが、50
代後半の毎日の血圧は、上が150から110で下
が90から70といった具合です。
(薬を飲んでいない状態で)

ほんのチョット高い状態でも、病気と判定されて
投薬治療になってしまう。

なんか、それって納得できないんですよね~。

ほんのチョットでも、普通の日があってもダメ
なのかってね。

今日の一言
やかましい養生のおかげで、やっと自分の健康を
保っているのは、何かやりきれない病気を患って
いるようなものである。  ラ・ロシュフーコー


画像

この記事へのトラックバック